京都記念2016年予想 過去10年上位結果詳細

imobile

2016年2月14日(日)
京都記念 GII
京都競馬場/芝/2200m

特別登録馬

人気 単勝 馬名 性齢 獲得賞金 前走
1 2.7 レーヴミストラル 牡4 6,350万 日経新春杯 GII 1着
2 4.1 ヤマカツエース 牡4 7,550万 日刊中山金杯 GIII 1着
3 4.8 タッチングスピーチ 牝4 3,400万 エリザベス杯 GI 3着
4 7.3 サトノクラウン 牡4 4,600万 天皇賞(秋) GI 17着
5 8.7 アドマイヤデウス 牡5 3,925万 有馬記念 GI 7着
6 13.1 トーセンレーヴ 牡8 6,425万 有馬記念 GI 6着
7 16.3 ショウナンバッハ 牡5 2,270万 AJCC GII 3着
8 19.6 ワンアンドオンリー 牡5 7,825万 有馬記念 GI 9着
9 25.7 スズカデヴィアス 牡5 1,725万 AJCC GII 6着
10 27.2 ヒストリカル 牡7 5,600万 チャレンジC GIII 2着
11 174.9 トウシンモンステラ 牡6 2,250万 万葉S 4着
12 197.7 ミュゼゴースト 牡4 1,650万 セントライト GII 13着
13 303.2 マイネルディーン 牡7 2,250万 AJCC GII 7着
14 419.8 トラストワン 牡8 2,450万 アンドロメダ 2着
15 505.3 コスモロビン 牡8 2,100万 日経新春杯 GII 10着

京都記念の特別登録馬が発表されていますが、過去10年のデータ(上位3位)から

有利な枠や、人気馬の期待値などを読みます!

京都記念過去10年結果 (集計期間:2006~2015)

開催年 馬名 性齢 通過 人気
2015 1 6 6 ラブリーデイ 牡5 2-2-2-2 3
2 7 9 スズカデヴィアス 牡4 1-1-1-1 4
3 4 4 キズナ 牡5 10-10-9-8 2
2014 1 8 11 デスペラード 牡6 1-1-1-2 6
2 7 10 トーセンラー 牡6 7-7-5-4 2
3 7 9 アンコイルド 牡5 2-2-3-4 4
2013 1 8 11 トーセンラー 牡5 7-7-8-7 6
2 1 1 ベールドインパクト 牡4 8-8-9-9 3
3 8 10 ショウナンマイティ 牡5 10-8-1-1 2
2012 1 3 3 トレイルブレイザー 牡5 3-3-3-1 5
2 1 1 ダークシャドウ 牡5 4-4-5-5 1
3 8 9 ヒルノダムール 牡5 7-8-8-7 3
2011 1 2 2 トゥザグローリー 牡4 3-3-4-4 1
2 5 5 メイショウベルーガ 牝6 5-5-8-8 5
3 8 12 ヒルノダムール 牡4 5-5-6-4 2
2010 1 8 13 ブエナビスタ 牝4 3-3-3-3 1
2 8 12 ジャガーメイル 牡6 6-6-5-5 3
3 5 7 ドリームジャーニー 牡6 8-8-7-6 2
2009 1 6 9 アサクサキングス 牡5 4-4-3-2 3
2 7 11 サクラメガワンダー 牡6 6-6-4-3 1
3 8 12 ヴィクトリー 牡5 1-1-1-1 9
2008 1 5 10 アドマイヤオーラ 牡4 11-11-11-10 1
2 7 14 アドマイヤフジ 牡6 4-5-8-7 4
3 4 8 シルクフェイマス 牡9 1-1-1-1 11
2007 1 6 9 アドマイヤムーン 牡4 6-6-6-5 2
2 3 3 ポップロック 牡6 7-10-8-8 1
3 5 7 トウショウナイト 牡6 3-3-3-2 3
2006 1 1 1 シックスセンス 牡4 5-5-9-8 1
2 6 6 サクラセンチュリー 牡6 10-9-9-4 2
3 8 10 マーブルチーフ 牡6 3-3-2-2 7

当たる競馬予想

くことに京都競馬では枠などで大きな偏りがありましたo(゚◇゚o)

まず、京都記念では圧倒的に有利な枠が存在していました。

入賞数
1 3
2 1
3 2
4 2
5 4
6 4
7 5
8 9

たまたまという入賞数ではありませんね…

8枠が3着以内に入った回数は9回と驚異的な数字が出ました。

このことから外枠がかなり有利に思えます。

あれ、、、私が先に得ていた

・内枠有利
の情報の真偽はどうなのでしょう…

続いては人気馬がどれだけ入賞しているかを見てみましょう。

人気 入賞数
1 7
2 7
3 6
4 3
5 2
6 2
7 1
9 1
11 1

1~3番人気が安定して入賞しているのを見ると、京都記念では人気通りの結果が期待できます。

逆に言えば荒れにくいレースとも言えますね。

無理に大穴を狙うのは避けましょう。

また、通過順を見ると追込み脚質が有利なように思えます。
以上が過去10年の結果で目立って狙えると思った部分でした。2016年の京都記念の参考にしてみてください。