万馬券の取り方 たまたまではなく、狙って万馬券を取る方法

imobile

昨日、大荒れした京成杯オータムハンデキャップ GⅢですが、3連単で2,227,820円という金額に驚き、万馬券に関して調査してみました。

まず、素人ながらに思う事。

・万馬券は狙っているのか?
・万馬券を当てる人は普段のレースでは当てられないのか?
・万馬券レースになりやすいレースとは?

この辺が疑問に感じたので色々な人に意見を聞きながら調べてみました。

まず、万馬券を狙う絶対条件として万馬券を狙う人は荒れるレースしか買わない

という事です。

事前情報で自分の知り合いに聞いたところ、ハンデ戦などは特に荒れやすいため、手を出しにくいとの事でした。
事実、その意見を取り入れてビビってしまった私は総賭け額をかなり低めに抑えました。
結果、ハズれたので良かったといえば良かったのですけどね(^_^;)被害は最小に抑えられました。

そして万馬券を当てる人の中にはもちろん、たまたま当てたという人もいる訳です。

運のある考えもそうですし、なぜ最低人気の馬を買うかは
・よほどその馬が好き
・馬、厩舎、馬主の関係者
・間違えて購入してしまった
などが多いそうです。

間違えて買って当たった日には一生分の運を使ってしまったとさえ思ってしまいそうですね。笑

万馬券狙いのレースの買い方ですが、究極を言えば3連単全通りを購入し、回収額がそれ以上になれば
16頭の場合は3,360通りの買い方があるので、33万6千円が軍資金として必要になります。
荒れるとわかるレースであれば…充分回収できる余地はありますよね?
昨日の京成杯でも3連単で2,227,820円という金額だったので…

まとめですが、荒れやすいレースの傾向として【ハンデ戦】【まだ走りの安定しない2歳馬のステークス】は万馬券になりやすいのかなぁと思いました。

逆に言うと上記のレースは通常の買い方では当たりにくいので、少額で少し変わった買い方をすれば当たりやすくなりのかもしれません(∩╹∀╹∩)

今後の自分の買い方の参考にしていきます★

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする