過去10年結果◇スポーツニッポン賞京都金杯 2017◇

imobile

スポーツニッポン賞京都金杯 G3
過去10年結果で当たる競馬予想

中山金杯と同日に開催される京都金杯。

2017年重賞初日となりますが時系列では中山金杯が先の出走のため、中山金杯で当てることができなかった人が数多く京都金杯へ参加してくるでしょう。

過去10年の京都金杯の傾向を予め知っておいて当たる競馬予想ができるようにしておきましょう。

○京都競馬場/芝/1600m

pic_course_3d1

kako10

京都金杯 過去10年結果

(集計期間:2006~2015)

開催年 馬名 性齢 騎手 人気
2016 1 4 7 ウインプリメーラ 牝6 川田将雅 3
2 7 14 テイエムタイホー 牡7 浜中俊 13
3 3 6 ミッキーラブソング 牡5 小牧太 7
2015 1 2 4 ウインフルブルーム 牡4 池添謙一 5
2 1 1 エキストラエンド 牡6 福永祐一 4
3 1 2 マイネルメリエンダ 牡4 丹内祐次 7
2014 1 1 2 エキストラエンド 牡5 ルメール 6
2 3 6 オースミナイン 牡4 福永祐一 1
3 5 10 ガルボ 牡7 岩田康誠 5
2013 1 1 1 ダノンシャーク 牡5 ルメール 1
2 2 3 トライアンフマーチ 牡7 岩田康誠 6
3 4 8 ヤマニンウイスカー 牡7 武豊 7
2012 1 2 4 マイネルラクリマ 牡4 松岡正海 3
2 4 7 ダノンシャーク 牡4 安藤勝己 2
3 8 16 アスカトップレディ 牝5 酒井学 10
2011 1 1 2 シルポート 牡6 小牧太 7
2 3 5 ガルボ 牡4 池添謙一 3
3 2 4 ライブコンサート セ7 岩田康誠 2
2010 1 4 7 ライブコンサート セ6 岩田康誠 5
2 3 5 スマートギア 牡5 武豊 1
3 4 8 レインダンス 牝6 藤岡康太 13
2009 1 4 8 タマモサポート 牡6 津村明秀 7
2 1 2 マルカシェンク 牡6 福永祐一 3
3 3 5 ファリダット 牡4 四位洋文 2
2008 1 5 9 エイシンデピュティ 牡6 岩田康誠 3
2 8 16 アドマイヤオーラ 牡4 安藤勝己 1
3 5 10 カネトシツヨシオー 牡5 幸英明 9
2007 1 6 12 マイネルスケルツィ 牡4 柴田善臣 7
2 4 7 エイシンドーバー 牡5 蛯名正義 8
3 5 9 サクラメガワンダー 牡4 岩田康誠 2

京都金杯  枠別過去10年まとめ

入賞数
1 6
2 4
3 5
4 7
5 4
6 1
7 1
8 2

京都金杯  騎手別過去10年まとめ

※2回以上入賞した騎手のみ記載

騎手 入賞数
安藤勝己 2
小牧太 2
武豊 2
ルメール 2
池添謙一 2
福永祐一 3
岩田康誠 6

京都金杯 人気別過去10年まとめ

人気 入賞数
1 4
2 4
3 5
4 1
5 3
6 2
7 6
8 1
9 1
10 1
13 2

優勝馬の人気

人気 優勝数
1 1
3 3
5 2
6 1
7 3

京都金杯 性齢別10年まとめ

性齢 入賞数
セ6 1
セ7 1
牡4 10
牡5 6
牡6 5
牡7 4
牝5 1
牝6 2
最も荒れた京都金杯  2016年払戻し
単勝 7 610
複勝 7
14
6
230
1,020
430
枠連 4 – 7 3,820
馬連 7 – 14 15,400
ワイド 7 – 14
6 – 7
6 – 14
3,970
1,340
9,150
馬単 7 → 14 23,080
三連複 6 – 7 – 14 63,710
三連単 7 → 14 → 6 347,310
最も堅かった京都金杯  2014年払戻し
単勝 2 1,010
複勝 2
6
10
340
180
290
枠連 1 – 3 1,540
馬連 2 – 6 2,470
ワイド 2 – 6
2 – 10
6 – 10
830
1,780
820
馬単 2 → 6 5,820
三連複 2 – 6 – 10 8,490
三連単 2 → 6 → 10 55,260

京都金杯過去10年まとめ

京都金杯過去10年で最も有利な枠から調査していきましょう。

馬券に絡みやすい枠、すなわち3着以内に入賞枠は内枠から中枠にかけてです。

4枠までが狙い目となりますがこれは京都1600mの特殊なコースに理由があります。

京都1600mの目玉はなんといっても新潟に次ぐ長い直線です。

スタート直後、約700mもの直線を走ったのちスピードをつけたまま急なコーナーに進みます。

この際に外枠の馬は外にふられやすく、距離もロスが出やすいので不利となります。

先行争いで前に出ることが重要となるので特にいい位置を取りにくい外枠の差し・追込馬に注意しましょう。

京都金杯ではダントツで活躍している騎手が存在します。

それが岩田康誠騎手。過去6回も馬券に絡んでいます。

最近不調が囁かれる騎手ですが新年初の重賞ということで何か起こしてくれそうな予感。

そして荒れ具合がわかる人気別入賞数ですが

1番人気・2番人気が4回、3番人気が5回、馬券に絡んでいますがこれは他のレースと比べると非常に少ない数字です。

最も低い人気で13番人気までが馬券に絡む傾向にあります。

優勝馬に限定すると1番人気の馬は過去1度しか優勝していません。

大荒れとまではいきませんが単勝狙いであれば高配当を狙えるでしょう。

京都金杯は荒れやすい傾向にあるのでハイリスクハイリターンを狙う人は中山金杯よりも京都金杯を予想されることをおすすめします!

平場&重賞 今月の回収率ランキング

検証済みの無料予想がとにかく勝てる競馬予想サイトです。
的中率が高くても収支が悪ければ意味がありません。
メールアドレスのみで無料で登録できます。

高配当21
k21 重賞から平場まで幅広く予想し、コツコツと確実にプラスに持っていく。1レースの投資金が低いためローリスクで勝負できるが、買うレースが1・2レースではなく若干多いので面倒くさがり屋には向かない。その分プラスに導いてくれる。新馬のデータを早々に集めたりとデータ部分でも強い。

公式サイトはこちら
ターフビジョン
平場3連複無料予想が毎週送られてくる上にとにかく軸馬が当たりまくる競馬予想サイト。大穴を狙うよりも堅いレースでも賢く稼ぐスタイルのため、特に安定した勝ちを求めたい人にオススメ。無料予想のみでの月間収支もプラスで完結という優良サイト。少額でも勝ちたいならここ。

公式サイトはこちら
的中ファクトリー
特に重賞では毎週のように数十万馬券を的中させている予想サイト。無料・有料予想ともに一攫千金スタイルで一度当たれば大勝ち確定という馬券をガッツリ狙うって当てまくる。競馬初心者にも分かりやすく解説しているので当てるコツを覚えるにもオススメ。

公式サイトはこちら
ハイヴォルテージ
特にG1の的中率・回収率が高く、すべての予想において細かい理論に基いていることが素人目にしてわかる。プロにしかできない予想理論が多いのも特徴。特に3連単にこだわり、数点買い2~3千円投資で250,000円回収などの買い目を無料で教えてくれる。

公式サイトはこちら
競馬劇場
プロの見解付きの無料予想が送られてきたり、細かい追切考察あり。1レースの買い目は1万円前後で安いとは言えないが300%以上回収などの特大払い戻しが目立つ。長く期間運営しているだけあって会員数が多いのか自信満々で強気のキャンペーンなども目立つ。

公式サイトはこちら