2016年 東京優駿(日本ダービー) GI 特別登録馬

imobile
収支ランキング

夏競馬高確的中! ◆ ウイニングチケット
wining
収支+\2,302,500
回収率354.2%

1位 ◆ シンジケート
wining
収支+\1,853,000
回収率342.2%

2位 ◆ ターフビジョン 
wining
収支+\1,683,200
回収率309.0%

3位 ◆ ハイヴォルテージ
wining
収支+\944,400
回収率268.5%

4位 ◆ アクティブ
wining
収支+\1,024,300
回収率250.2%

当たる競馬予想サイトランキングを見る

2016年5月29日(日)
東京優駿(日本ダービー) G2
特別登録馬/戦績

東京競馬場/芝/1400m

東京優駿(日本ダービー)

東京優駿(とうきょうゆうしゅん)は、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。

正賞は内閣総理大臣賞・日本馬主協会連合会会長賞・東京馬主協会賞、朝日新聞社賞(騎手賞)。

1950年より「(日本ダービー)」の副称が付けられている。

東京日日新聞(毎日新聞の前身)や読売新聞では1932年(昭和7年)の第一回から日本ダービーの名称が使われている。
1932年(昭和7年)4月25日の東京日日新聞3面では記事見出しで『日本ダービー 晴れの駿馬十九頭』と書き、読売新聞では昭和7年以降の記事見出し で日本ダービーの呼称はたくさん使っている。逆に朝日新聞では1949年までは記事見出しには日本ダービーの呼称は使っていない。

JRAが配布するレーシングプログラムや競馬新聞などでは1950年(昭和25年)以降、「東京優駿(第〜回日本ダービー)」または「東京優駿(日本ダービー)」と表記されている。一般紙では知名度の高い副称を前面に出し、「日本ダービー(東京優駿)」とも表記される。

概要

1932年(昭和7年)にイギリスの「ダービーステークス」を範として、目黒競馬場にて創設。後に創設された皐月賞・菊花賞とともに「牡馬三冠競走」を構成するほか、4歳(現3歳)牝馬による桜花賞・優駿牝馬(オークス)を含めて「クラシック競走」とも総称される。
第3回より施行場を現・東京競馬場(府中)に変更したほかは、開催地・距離ともに変更されていない。本競走を優勝することは、日本の競馬に関わる全ての関係者(ホースマン)が憧れる最高の栄誉とされている。距離は第1回から2400米(≒ 1mi 4 f)である。

一般的には副称の「日本ダービー」が知られている。この「ダービー(Derby)」は1780年にイギリスでダービーステークスを創設した第12代ダービー卿のエドワード・スミス・スタンレーに由来し、現在は「競馬の祭典」として競馬ファン以外にも広く知れ渡っている。

1973 年(昭和48年)までは日本国内の最高賞金競走だった。その後はジャパンカップ・有馬記念に次ぐ賞金額だったが、2013年に1着賞金が2億円に引き上げ られ、有馬記念と同額になった。2015年は有馬記念の1着賞金が2億5000万円(2016年からは3億円)に増額されたため、再び国内3番目の高額賞 金競走となった。

皐月賞は「最も速い馬が勝つ」、菊花賞は「最も強い馬が勝つ」といわれるのに対し、本競走は「最も幸運に恵まれた馬が勝つ」といわれる。

日本の競馬における本競走の位置づけは特別で、創設期には国内に比肩のない大競走であり、その後競走体系の整備が進むにつれて「二大競走」「五大競走」「八大競走」等と称されてきたが、常にその中核をなし国内での最高賞金競走となっていた。
後に創設されたジャパンカップに国内最高賞金は譲ったが、2016年(平成28年)現在は日本ではジャパンカップ、有馬記念に次いで3番目の高額賞金競走 である。競走の格付も1984年(昭和59年)のグレード制導入当初から最高の「GI」に格付けされたが、専ら外国の馬に対する出走制限を理由に国際統一 規格に基づく格付から外れ、格付表記も国内ローカル扱いの「JpnI」と改められた[注 4]。その後、2010年(平成22年)から外国調教馬も出走可能な国際競走となったことで正式に国際格付が認められ、格付表記も「GI」に戻された。

近 年は本競走を頂点とする従来の国内の競走体系から様々な距離体系などカテゴリーごとにチャンピオンを選別する体系に遷移しており、必ずしも全ての競走馬が 本競走を目指すという状況は薄まりつつある。しかし、1年間の競馬を象徴するときにもしばしば本競走の優勝馬が挙げられるように、日本競馬界の象徴であり 最大級の目標であるという点については創設以来の価値を保っている。

競走条件

出走資格サラ系3歳牡馬・牝馬(出走可能頭数:最大18頭)

JRA所属馬
地方競馬所属馬(後述)
外国調教馬(9頭まで、優先出走)

負担重量定量(牡馬57kg、牝馬55kg)

第1回は別定重量。第2 – 8回は牡55kg、牝53kg。第9 – 13回は牡57kg、牝55.5kg。

未勝利馬(収得賞金が0の馬)に出走権はないものの、青葉賞およびプリンシパルステークスで優先出走権を得た場合は東京優駿の出走資格を得る。

出馬投票を行った馬のうち優先出走権のある馬から優先して割り当て、その他の馬は通算収得賞金が多い順に出走できる。なお、出馬投票の結果同順位の馬が多数おり出走可能頭数を超過した場合は、抽選で出走馬を決める。
優先出走権

出馬投票を行った外国馬は、優先出走できる。

JRA所属馬は同年に行われる下表のトライアル競走で所定の成績を収めた馬に、優先出走権が与えられる。

競走名 格・条件 競馬場 距離 必要な着順
皐月賞 GI 中山競馬場 芝2000m 4着以内
青葉賞 GII 東京競馬場 芝2400m 2着以内
プリンシパルステークス オープン 東京競馬場 芝2000m 1着馬

地方競馬所属馬は上記のトライアル競走で所定の成績を収めた馬、および京都新聞杯の2着以内馬に優先出走権が与えられ、NHKマイルカップの2着以内馬、またはJRAで行われる芝の3歳重賞競走優勝馬も出走申し込みが可能となっている。

賞金

2016年の1着賞金は2億円で、以下2着8000万円、3着5000万円、4着3000万円、5着2000万円。

1着賞金の2億円は、ジャパンカップ、有馬記念の3億円に次いで、日本の競馬では3番目の高額賞金競走である。優勝騎手(JRA所属騎手に限る)には2015年に新設されたワールドオールスタージョッキーズへの優先出場権が与えられる。

引用元:Wikipedia

東京優駿(日本ダービー)2016特別登録
人気 馬名 性齢 オッズ 収得賞金 戦績 前走
1 マカヒキ 牡3 2.8 6,100万 3-1-0-0 皐月賞 G1
2 ディーマジェスティ 牡3 3.9 7,300万 3-2-0-0 皐月賞 G1
3 サトノダイヤモンド 牡3 3.9 2,800万 3-0-1-0 皐月賞 G1
4 リオンディーズ 牡3 5.7 5,000万 2-1-0-1 皐月賞 G1
5 スマートオーディン 牡3 9.8 6,600万 4-1-0-1 京都新聞杯 G2
6 ヴァンキッシュラン 牡3 11.1 3,600万 3-3-1-0 青葉賞 G2
7 エアスピネル 牡3 23 3,600万 2-1-1-1 皐月賞 G1
8 プロディガルサン 牡3 65 1,850万 2-1-0-1 青葉賞 G2
9 マウントロブソン 牡3 71.2 3,600万 3-2-0-1 皐月賞 G1
10 レッドエルディスト 牡3 78.3 2,000万 2-1-0-1 青葉賞 G2
11 ロードクエスト 牡3 124 5,100万 2-2-1-1 NHKマイル G1
12 レインボーライン 牡3 212.6 2,800万 3-2-2-3 NHKマイル G1
13 イモータル 牡3 243.5 1,800万 1-2-0-2 NHKマイル G1
14 アジュールローズ 牡3 262.6 1,900万 3-1-0-1 プリンシパル
15 プロフェット 牡3 461.8 2,900万 2-1-0-2 皐月賞 G1
16 マイネルハニー 牡3 478.3 2,000万 2-1-1-3 青葉賞 G2
17 ロイカバード 牡3 535.6 900万 2-1-2-0 京都新聞杯 G2
18 ブレイブスマッシュ 牡3 892.7 2,750万 2-4-0-3 NHKマイル G1
19 ブラックスピネル 牡3 956.5 1,200万 2-2-1-2 京都新聞杯 G2
20 マイネルラフレシア 牡3 1217.4 1,200万 2-1-1-2 プリンシパル
21 アグネスフォルテ 牡3 1217.4 1,500万 1-2-0-6 京都新聞杯 G2
22 シャドウアプローチ 牡3 1339.1 1,200万 2-1-2-1 NHKマイル G1
23 ジョルジュサンク 牡3 1673.9 1,400万 2-2-1-4 皐月賞 G1
各馬戦績
人気 馬名 戦績 出走数 1着 2着 3着 4着以下
1 マカヒキ 3-1-0-0 4 3 75% 1 25% 0 0% 0 0%
2 ディーマジェスティ 3-2-0-0 5 3 60% 2 40% 0 0% 0 0%
3 サトノダイヤモンド 3-0-1-0 4 3 75% 0 0% 1 25% 0 0%
4 リオンディーズ 2-1-0-1 4 2 50% 1 25% 0 0% 1 25%
5 スマートオーディン 4-1-0-1 6 4 67% 1 17% 0 0% 1 17%
6 ヴァンキッシュラン 3-3-1-0 7 3 43% 3 43% 1 14% 0 0%
7 エアスピネル 2-1-1-1 5 2 40% 1 20% 1 20% 1 20%
8 プロディガルサン 2-1-0-1 4 2 50% 1 25% 0 0% 1 25%
9 マウントロブソン 3-2-0-1 6 3 50% 2 33% 0 0% 1 17%
10 レッドエルディスト 2-1-0-1 4 2 50% 1 25% 0 0% 1 25%
11 ロードクエスト 2-2-1-1 6 2 33% 2 33% 1 17% 1 17%
12 レインボーライン 3-2-2-3 10 3 30% 2 20% 2 20% 3 30%
13 イモータル 1-2-0-2 5 1 20% 2 40% 0 0% 2 40%
14 アジュールローズ 3-1-0-1 5 3 60% 1 20% 0 0% 1 20%
15 プロフェット 2-1-0-2 5 2 40% 1 20% 0 0% 2 40%
16 マイネルハニー 2-1-1-3 7 2 29% 1 14% 1 14% 3 43%
17 ロイカバード 2-1-2-0 5 2 40% 1 20% 2 40% 0 0%
18 ブレイブスマッシュ 2-4-0-3 9 2 22% 4 44% 0 0% 3 33%
19 ブラックスピネル 2-2-1-2 7 2 29% 2 29% 1 14% 2 29%
20 マイネルラフレシア 2-1-1-2 6 2 33% 1 17% 1 17% 2 33%
21 アグネスフォルテ 1-2-0-6 9 1 11% 2 22% 0 0% 6 67%
22 シャドウアプローチ 2-1-2-1 6 2 33% 1 17% 2 33% 1 17%
23 ジョルジュサンク 2-2-1-4 9 2 22% 2 22% 1 11% 4 44%

2016年東京優駿(日本ダービー) 当たる競馬予想

3歳馬のため、出走したレースは多くはありませんが各馬の戦績をランク分けしました。

RANK 馬名
S マカヒキ
S ディーマジェスティ
S サトノダイヤモンド
S ヴァンキッシュラン
S ロイカバード
A スマートオーディン
A マウントロブソン
A ロードクエスト
A シャドウアプローチ
A エアスピネル
B アジュールローズ
B リオンディーズ
B プロディガルサン
B レッドエルディスト
B ブラックスピネル
C レインボーライン
C ブレイブスマッシュ
C マイネルラフレシア
C イモータル
C プロフェット
D マイネルハニー
D ジョルジュサンク
D アグネスフォルテ

B~Dランクに位置付けした馬は4着以下の割合が非常に多い馬です。

リオンディーズは惜しい戦なので上位に食い込んでくる可能性が高いのですが、

その他の馬の3着以内入賞は厳しいでしょう。

東京競馬場芝2400mは優駿牝馬(オークス)と同じコースですが、

同様の展開通りにはいかないと思われます。

日本ダービーで当たる競馬予想をするためにもまずは

コース特徴・過去結果の東京ダービーの結果など、

細かく調査をする必要がありそうです。

現時点で一つだけ言えることは【差し馬】が優勢ということです。

オークスで三連単を的中させたアクティブ

平安ステークスで単勝1点買い的中させたアクティブなどの

予想会社でも差し馬予想を公開しています。

無料登録で情報が閲覧できるので見るだけみてもいいと思われます★

平場&重賞 今月の回収率ランキング

検証済みの無料予想がとにかく勝てる競馬予想サイトです。
的中率が高くても収支が悪ければ意味がありません。
メールアドレスのみで無料で登録できます。

高配当21
k21 重賞から平場まで幅広く予想し、コツコツと確実にプラスに持っていく。1レースの投資金が低いためローリスクで勝負できるが、買うレースが1・2レースではなく若干多いので面倒くさがり屋には向かない。その分プラスに導いてくれる。新馬のデータを早々に集めたりとデータ部分でも強い。

公式サイトはこちら
ターフビジョン
平場3連複無料予想が毎週送られてくる上にとにかく軸馬が当たりまくる競馬予想サイト。大穴を狙うよりも堅いレースでも賢く稼ぐスタイルのため、特に安定した勝ちを求めたい人にオススメ。無料予想のみでの月間収支もプラスで完結という優良サイト。少額でも勝ちたいならここ。

公式サイトはこちら
的中ファクトリー
特に重賞では毎週のように数十万馬券を的中させている予想サイト。無料・有料予想ともに一攫千金スタイルで一度当たれば大勝ち確定という馬券をガッツリ狙うって当てまくる。競馬初心者にも分かりやすく解説しているので当てるコツを覚えるにもオススメ。

公式サイトはこちら
ハイヴォルテージ
特にG1の的中率・回収率が高く、すべての予想において細かい理論に基いていることが素人目にしてわかる。プロにしかできない予想理論が多いのも特徴。特に3連単にこだわり、数点買い2~3千円投資で250,000円回収などの買い目を無料で教えてくれる。

公式サイトはこちら
競馬劇場
プロの見解付きの無料予想が送られてきたり、細かい追切考察あり。1レースの買い目は1万円前後で安いとは言えないが300%以上回収などの特大払い戻しが目立つ。長く期間運営しているだけあって会員数が多いのか自信満々で強気のキャンペーンなども目立つ。

公式サイトはこちら