次回レースはシリウスステークスやGIスプリンターズステークス

imobile
収支ランキング

夏競馬高確的中! ◆ ウイニングチケット
wining
収支+\2,302,500
回収率354.2%

1位 ◆ シンジケート
wining
収支+\1,853,000
回収率342.2%

2位 ◆ ターフビジョン 
wining
収支+\1,683,200
回収率309.0%

3位 ◆ ハイヴォルテージ
wining
収支+\944,400
回収率268.5%

4位 ◆ アクティブ
wining
収支+\1,024,300
回収率250.2%

当たる競馬予想サイトランキングを見る

10月1日/2日 次回レース日程

開催日 レース名
10月1日 シリウスS GIII
10月2日 スプリンターズS GI

レース概要

シリウスステークス GIII

シリウスステークスは、日本中央競馬会(JRA)が阪神競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。

1997年に創設された、ハンデキャップのダート重賞競走。

創設時は阪神競馬場のダート1400mで12月上旬に行われていたが、2001年にJBCスプリントが創設されたことに伴い中央競馬のダート重賞路線も整備され、施行時期が初秋の阪神開催に繰り上げられた。

2007年からは阪神競馬場の馬場改修で新設されたダート2000mに変更、2008年からジャパンカップダート(2014年より「チャンピオンズカップ」に改称のうえ、施行場を中京競馬場に変更)が阪神競馬場のダート1800mで行われるようになると、本競走はジャパンカップダートの重要な前哨戦として位置づけられた。

創設時より外国産馬と地方競馬所属馬が出走可能なほか、2006年からは外国馬も出走可能な国際競走となった。

出走資格

サラ系3歳以上

JRA所属馬(外国産馬含む)
地方競馬所属馬(4頭まで)
外国調教馬(8頭まで、優先出走)

負担重量ハンデキャップ

賞金

2014年の1着賞金は3500万円で、以下2着1400万円、3着880万円、4着530万円、5着350万円。
引用元:Wikipedia

スプリンターズステークス GI

1967年に4歳(現3歳)以上の馬によるハンデキャップの重賞競走として、中山競馬場の芝1200mで創設。
当時は4歳(現3歳)以上の馬が出走できる中央競馬で唯一のスプリント(短距離)重賞だった。

1984年にはグレード制の導入に伴いGIIIに格付けされ、1987年にはGIIに格上げされた。
その後、1年を締めくくるスプリント系の大レースを開催しようとする機運が高まり、1990年にはGIに格上げされ、施行時期も有馬記念の前週に移された。
2000年にはスプリント競走体系が整備され、施行時期を初秋の中山開催最終週に繰り上げ。以来、秋競馬で最初に行われるGIレースとして定着している。
2005年には世界初の国際スプリントシリーズ「グローバルスプリントチャレンジ」が創設され、本競走はそのひとつとして第8戦に組み入れられている。

1994年から国際競走となり外国馬が出走可能になったほか、1995年には地方競馬所属馬も出走可能になった。

2016年からブリーダーズカップ・チャレンジの対象競走に指定され、優勝馬には当該年のブリーダーズカップ・ターフスプリントへの優先出走権と出走登録料・輸送費用の一部負担の特権が付与される。

国際的評価

世界の競馬開催国は国際セリ名簿基準委員会(ICSC)によってパートIからパートIVまでランク分けされており、2014年時点で日本は平地競走が最上位のパートI、障害競走はパートIVにランク付けされている

また、各国の主要な競走は国際的な統一判断基準で評価されており、競馬の競走における距離別の区分法として定着しているSMILE区分によると、スプリンターズステークスは「Sprint(1000m-1300m)」に分類される。国際競馬統括機関連盟(IFHA)が公表した2012年から2014年の年間レースレーティングの平均値に基づく「世界のトップ100GIレース」によると、スプリンターズステークスは全体の89位にランキングされた。
このランキングで日本の競走はスプリンターズステークスを含め10競走がランクインしているが、「Sprint(1000m-1300m)」のカテゴリーからランクインした日本の競走はスプリンターズステークスのみ。
「Sprint(1000m-1300m)」のカテゴリーからランクインした外国の競走との比較では、ドバイゴールデンシャヒーン(86位)に次ぐ評価となっている。

競走条件

出走資格サラ系3歳以上(出走可能頭数:16頭)

JRA所属馬
地方競馬所属馬
外国調教馬

負担重量定量(3歳55kg、4歳以上57kg、牝馬2kg減)

第1回・第2回はハンデキャップ、第3回-第23回は別定、第28回・第29回は南半球産3歳馬2kg減。

出馬投票を行った馬のうち優先出走権(後述)のある馬から優先して割り当て、その他の馬は「通算の収得賞金」+「過去1年間の収得賞金」+「過去2年間のGI(JpnI)競走の収得賞金」の総計が多い順に出走できる。

優先出走権

外国調教馬、およびレーティング順位の上位5頭(牡馬・セン馬は110ポンド、牝馬は106ポンド以上であることが条件)は優先出走できる。

賞金
2014年の1着賞金は9500万円で、以下2着3800万円、3着2400万円、4着1400万円、5着950万円。


引用元:Wikipedia

平場&重賞 今月の回収率ランキング

検証済みの無料予想がとにかく勝てる競馬予想サイトです。
的中率が高くても収支が悪ければ意味がありません。
メールアドレスのみで無料で登録できます。

高配当21
k21 重賞から平場まで幅広く予想し、コツコツと確実にプラスに持っていく。1レースの投資金が低いためローリスクで勝負できるが、買うレースが1・2レースではなく若干多いので面倒くさがり屋には向かない。その分プラスに導いてくれる。新馬のデータを早々に集めたりとデータ部分でも強い。

公式サイトはこちら
ターフビジョン
平場3連複無料予想が毎週送られてくる上にとにかく軸馬が当たりまくる競馬予想サイト。大穴を狙うよりも堅いレースでも賢く稼ぐスタイルのため、特に安定した勝ちを求めたい人にオススメ。無料予想のみでの月間収支もプラスで完結という優良サイト。少額でも勝ちたいならここ。

公式サイトはこちら
的中ファクトリー
特に重賞では毎週のように数十万馬券を的中させている予想サイト。無料・有料予想ともに一攫千金スタイルで一度当たれば大勝ち確定という馬券をガッツリ狙うって当てまくる。競馬初心者にも分かりやすく解説しているので当てるコツを覚えるにもオススメ。

公式サイトはこちら
ハイヴォルテージ
特にG1の的中率・回収率が高く、すべての予想において細かい理論に基いていることが素人目にしてわかる。プロにしかできない予想理論が多いのも特徴。特に3連単にこだわり、数点買い2~3千円投資で250,000円回収などの買い目を無料で教えてくれる。

公式サイトはこちら
競馬劇場
プロの見解付きの無料予想が送られてきたり、細かい追切考察あり。1レースの買い目は1万円前後で安いとは言えないが300%以上回収などの特大払い戻しが目立つ。長く期間運営しているだけあって会員数が多いのか自信満々で強気のキャンペーンなども目立つ。

公式サイトはこちら