【過去10年結果】2016年ラジオNIKKEI京都2歳Sを攻略

imobile

2016年11月26日(土)
ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス G3
過去10年結果で当たる競馬予想

○京都競馬場/芝/2000m

pic_course_3d1
kako10

ラジオNIKKEI杯2歳S 過去10年結果 (集計期間:2010~2015)

開催年 馬名 性齢 騎手 通過 人気
2015 1 4 4 ドレッドノータス 牡2 武豊 2-2-2-2 3
2 1 1 リスペクトアース 牡2 戸崎圭太 1-1-1-1 5
3 3 3 アドマイヤエイカン 牡2 岩田康誠 8-8-7-5 1
2014 1 6 6 ベルラップ 牡2 ビュイッ 3-3-3-3 6
2 3 3 ダノンメジャー 牡2 小牧太 6-6-6-6 2
3 5 5 シュヴァルグラン 牡2 内田博幸 7-7-8-8 5
2013 1 1 1 ワンアンドオンリー 牡2 ルメール 9-8-8-8 7
2 6 12 アズマシャトル 牡2 松山弘平 7-8-8-5 8
3 2 3 サトノアラジン 牡2 戸崎圭太 12-13-8-11 1
2012 1 7 7 エピファネイア 牡2 福永祐一 2-3-3-3 1
2 4 4 バッドボーイ 牡2 ウィリア 1-1-1-1 5
3 6 6 キズナ 牡2 武豊 2-2-2-2 2
2011 1 1 2 アダムスピーク 牡2 ルメール 4-3-3-5 4
2 2 3 ゴールドシップ 牡2 安藤勝己 14-14-13-5 3
3 7 13 グランデッツァ 牡2 秋山真一 5-4-3-2 2
2010 1 5 8 ダノンバラード 牡2 武豊 11-10-10-10 4
2 2 2 オールアズワン 牡2 安藤勝己 6-7-5-6 2
3 2 3 コティリオン 牡2 ルメール 9-7-10-10 5
2009 1 2 3 ヴィクトワールピサ 牡2 武豊 10-10-8-8 1
2 7 13 コスモファントム 牡2 和田竜二 2-2-2-2 2
3 3 4 ダノンシャンティ 牡2 内田博幸 5-6-8-8 7
2008 1 6 6 ロジユニヴァース 牡2 横山典弘 2-2-2-2 2
2 3 3 リーチザクラウン 牡2 武豊 1-1-1-1 1
3 4 4 トゥリオンファーレ 牡2 川田将雅 4-4-5-2 7
2007 1 2 2 サブジェクト 牡2 ペリエ 3-3-3-3 4
2 8 13 サダムイダテン 牡2 安藤勝己 12-13-12-11 1
3 3 3 メイショウクオリア 牡2 藤岡佑介 3-3-3-4 6
2006 1 3 3 フサイチホウオー 牡2 安藤勝己 5-5-6-6 1
2 8 11 ヴィクトリー 牡2 武豊 2-2-2-2 3
3 6 7 ナムラマース 牡2 ペリエ 5-4-4-3 2

ラジオNIKKEI杯2歳S  枠別過去10年まとめ

入賞数
1 3
2 6
3 6
4 3
5 2
6 5
7 3
8 2

ラジオNIKKEI杯2歳S  騎手別過去10年まとめ

※2回以上入賞した騎手のみ記載

騎手 入賞数
ペリエ 2
内田博幸 2
戸崎圭太 2
ルメール 3
安藤勝己 4
武豊 6

ラジオNIKKEI杯2歳S 人気別過去10年まとめ

人気 入賞数
1 7
2 7
3 3
4 3
5 4
6 2
7 3
8 1

優勝馬の人気

人気 優勝数
1 3
2 1
3 1
4 3
6 1
7 1
最も荒れたラジオNIKKEI杯2歳S  2013年払戻し
単勝 1 1,370
複勝 1
12
3
340
470
160
枠連 1 – 6 850
馬連 1 – 12 10,460
ワイド 1 – 12
1 – 3
3 – 12
2,410
700
1,480
馬単 1 → 12 25,580
三連複 1 – 3 – 12 10,830
三連単 1 → 12 → 3 97,270
最も堅かったラジオNIKKEI杯2歳S  2006年払戻し
単勝 3 180
複勝 3
11
7
100
150
120
枠連 3 – 8 360
馬連 3 – 11 560
ワイド 3 – 11
3 – 7
7 – 11
200
150
350
馬単 3 → 11 880
三連複 3 – 7 – 11 660
三連単 3 → 11 → 7 2,370

ラジオNIKKEI杯2歳S過去10年まとめ

2016年のラジオNIKKEI杯2歳Sで当てるためにも過去10年の結果を振り返りながら攻略していきます。

まず、開催される京都2000mでは内枠より、

特に2枠と3枠が有利ということがわかります。

これは、コースの形状で外枠馬は最初のコーナーで加速しているため、

外に振られやすい事から内枠寄りが有利になるということが考えられます。

特に脚質を見ると、2枠と3枠に入った先行脚質及び逃げ脚質はほとんど馬券に絡んでいます。

そしてラジオNIKKEI杯京都2歳ステークスを得意としているのが武豊騎手

6度も入賞を果たしていますが2016年、

武豊騎手は8番人気、ワンダープチュックに騎乗予定となります。

さすがにこの人気だと上位入賞は難しく思えますが・・

そして荒れ具合が分かる入賞馬の人気ですが

1番人気、そして2番人気が7割の確率で上位3着以内に入賞しています。

かなりの高確率で入賞している点を伺うと大荒れは全くといっていいほど期待できません

ただし、優勝馬を人気別で見ると1番人気と4番人気がそれぞれ3回ずつ優勝を果たしています。

伏兵馬の入賞は考えづらく、事実として最も荒れた2013年を見ても三連単で10万円を越えていないのでやはり大荒れは期待しない方が良さそうです。

人気馬の入賞確率が高いレースなのでそのまま人気馬の馬券を買うのも手ですが、

三連単など複数の馬を狙う場合はターフビジョンの無料予想に乗っかってみるのもいいかもしれません。

平場&重賞 今月の回収率ランキング

検証済みの無料予想がとにかく勝てる競馬予想サイトです。
的中率が高くても収支が悪ければ意味がありません。
メールアドレスのみで無料で登録できます。

高配当21
k21 重賞から平場まで幅広く予想し、コツコツと確実にプラスに持っていく。1レースの投資金が低いためローリスクで勝負できるが、買うレースが1・2レースではなく若干多いので面倒くさがり屋には向かない。その分プラスに導いてくれる。新馬のデータを早々に集めたりとデータ部分でも強い。

公式サイトはこちら
ターフビジョン
平場3連複無料予想が毎週送られてくる上にとにかく軸馬が当たりまくる競馬予想サイト。大穴を狙うよりも堅いレースでも賢く稼ぐスタイルのため、特に安定した勝ちを求めたい人にオススメ。無料予想のみでの月間収支もプラスで完結という優良サイト。少額でも勝ちたいならここ。

公式サイトはこちら
的中ファクトリー
特に重賞では毎週のように数十万馬券を的中させている予想サイト。無料・有料予想ともに一攫千金スタイルで一度当たれば大勝ち確定という馬券をガッツリ狙うって当てまくる。競馬初心者にも分かりやすく解説しているので当てるコツを覚えるにもオススメ。

公式サイトはこちら
ハイヴォルテージ
特にG1の的中率・回収率が高く、すべての予想において細かい理論に基いていることが素人目にしてわかる。プロにしかできない予想理論が多いのも特徴。特に3連単にこだわり、数点買い2~3千円投資で250,000円回収などの買い目を無料で教えてくれる。

公式サイトはこちら
競馬劇場
プロの見解付きの無料予想が送られてきたり、細かい追切考察あり。1レースの買い目は1万円前後で安いとは言えないが300%以上回収などの特大払い戻しが目立つ。長く期間運営しているだけあって会員数が多いのか自信満々で強気のキャンペーンなども目立つ。

公式サイトはこちら