武豊の弟 武幸四郎引退の理由とは

imobile

父は伝説の騎手、武邦彦。そして兄は誰もが知る武豊。JRA賞最多勝利新人騎手や兄弟菊花賞・優駿牝馬を制した記録を持つ武幸四郎が引退を決めました

2016年に父親であり師匠である武邦彦を亡くしたことも関係しているのでしょうか?

騎手人生21年。

初の騎乗は1997年3月1日。武幸四郎が19歳の時でした。

なぜここにきて引退か探っていきます。

引退理由は喜ばしいことでもあった

2016年12月8日、武幸四郎が2017年度の調教師試験に合格したことが発表されました。

引退理由はここにあります。

現在のJRAの規定では調教師と騎手の両方を同時に兼務できない決められています。

このことから、武幸四郎騎手の騎乗が認められるのは最長で2017年2月28日となっていました。

調教師になる場合は騎手を引退しなければいけないことは武幸四郎も知っての上です。

それではどのタイミングで武幸四郎が調教師を目指したのか。

実は2016年に亡くした父、武邦彦も騎手から調教師の道へと進みました。

兄の武豊も今後同じ道を歩む可能性が高いのですが、騎手から調教師に流れることは競馬界では珍しくありません

出走する側は大きく3つに分けると【馬主】【調教師】【騎手】がありますが調教師は馬主と騎手を繋ぐ仲介役も果たします。

弟、幸四郎が調教師となり、兄の武豊に乗ってもらうなんていう事も考えているのでは…

そうなればきっと、天国にいる師匠であり父である邦彦さんも喜んでくれるはず。

武幸四郎氏は今後、調教師という道で活躍してさらに武一族が有名になってくれればと思います。

平場&重賞 今月の回収率ランキング

検証済みの無料予想がとにかく勝てる競馬予想サイトです。
的中率が高くても収支が悪ければ意味がありません。
メールアドレスのみで無料で登録できます。

高配当21
k21 重賞から平場まで幅広く予想し、コツコツと確実にプラスに持っていく。1レースの投資金が低いためローリスクで勝負できるが、買うレースが1・2レースではなく若干多いので面倒くさがり屋には向かない。その分プラスに導いてくれる。新馬のデータを早々に集めたりとデータ部分でも強い。

公式サイトはこちら
ターフビジョン
平場3連複無料予想が毎週送られてくる上にとにかく軸馬が当たりまくる競馬予想サイト。大穴を狙うよりも堅いレースでも賢く稼ぐスタイルのため、特に安定した勝ちを求めたい人にオススメ。無料予想のみでの月間収支もプラスで完結という優良サイト。少額でも勝ちたいならここ。

公式サイトはこちら
的中ファクトリー
特に重賞では毎週のように数十万馬券を的中させている予想サイト。無料・有料予想ともに一攫千金スタイルで一度当たれば大勝ち確定という馬券をガッツリ狙うって当てまくる。競馬初心者にも分かりやすく解説しているので当てるコツを覚えるにもオススメ。

公式サイトはこちら
ハイヴォルテージ
特にG1の的中率・回収率が高く、すべての予想において細かい理論に基いていることが素人目にしてわかる。プロにしかできない予想理論が多いのも特徴。特に3連単にこだわり、数点買い2~3千円投資で250,000円回収などの買い目を無料で教えてくれる。

公式サイトはこちら
競馬劇場
プロの見解付きの無料予想が送られてきたり、細かい追切考察あり。1レースの買い目は1万円前後で安いとは言えないが300%以上回収などの特大払い戻しが目立つ。長く期間運営しているだけあって会員数が多いのか自信満々で強気のキャンペーンなども目立つ。

公式サイトはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする