【過去結果】CBC賞 10年の結果から当たる予想攻略

imobile

2017年版CBC賞
過去結果統計データ

開催日:2017年7月2日(日)

開催期間が短い中京競馬場でのハンデ戦。2017年も下半期に突入すると同時に夏競馬がはじまります。

今回はCBC賞の過去10年結果から有利な枠や馬券に絡みやすい騎手などを分析して当たる予想を導き出していきます。

中京競馬場/芝/1200m

pic_course_3d1

kako10

CBC賞 過去10年結果

(集計期間:2007~2016)

開催年 馬名 性齢 斤量 騎手 オッズ 人気
2016 1 7 11 レッドファルクス 牡5 56 M.デム 7.5 3
2 5 7 ラヴァーズポイント 牝6 50 松若風馬 19.1 7
3 4 5 ベルカント 牝5 55.5 藤岡康太 4.1 2
2015 1 3 6 ウリウリ 牝5 55.5 岩田康誠 5.1 2
2 4 7 ダンスディレクター 牡5 55 浜中俊 4 1
3 7 13 サドンストーム 牡6 57 国分優作 6.6 3
2014 1 6 11 トーホウアマポーラ 牝5 53 福永祐一 9.5 4
2 4 8 エピセアローム 牝5 55 浜中俊 6.1 3
3 8 16 ニンジャ 牡5 54 酒井学 33.9 10
2013 1 8 14 マジンプロスパー 牡6 58 福永祐一 3.6 1
2 7 12 ハクサンムーン 牡4 57.5 酒井学 5.4 2
3 3 4 サドンストーム 牡4 56 川田将雅 5.5 3
2012 1 8 16 マジンプロスパー 牡5 57.5 浜中俊 4.5 2
2 8 15 スプリングサンダー 牝5 54 四位洋文 14.1 7
3 6 12 ダッシャーゴーゴー 牡5 59 横山典弘 4.3 1
2011 1 6 11 ダッシャーゴーゴー 牡4 58.5 川田将雅 3.5 1
2 2 3 ヘッドライナー セ7 57.5 幸英明 8.6 4
3 1 1 タマモナイスプレイ 牡6 56 渡辺薫彦 47.4 13
2010 1 3 6 ヘッドライナー セ6 56 幸英明 8.7 4
2 7 15 ダッシャーゴーゴー 牡3 52 古川吉洋 13.7 7
3 4 8 ワンカラット 牝4 54 藤岡佑介 6.6 3
2009 1 6 12 プレミアムボックス 牡6 55 鮫島良太 37.1 12
2 8 17 エイシンタイガー 牡3 52 池添謙一 8.5 5
3 4 8 スピニングノアール 牡8 55 福永祐一 8 3
2008 1 1 2 スリープレスナイト 牝4 55 上村洋行 7.7 4
2 3 5 スピニングノアール 牡7 55 福永祐一 6.6 2
3 7 15 テイエムアクション 牡7 55 和田竜二 35.8 12
2007 1 3 5 ブラックバースピン 牡4 55 四位洋文 23.9 10
2 6 11 ナカヤマパラダイス 牡4 54 木幡初広 15.2 7
3 3 6 アグネスラズベリ 牝6 54 角田晃一 17.9 8
CBC賞 枠別過去10年まとめ
入賞数
1 2
2 1
3 6
4 5
5 1
6 5
7 5
8 5
優勝馬の枠
優勝数
1 1
2 0
3 0
4 0
5 0
6 3
7 1
8 2
CBC賞 人気別過去10年まとめ
人気 入賞数
1 4
2 5
3 6
4 4
5 1
7 4
8 1
10 2
12 2
13 1
優勝馬の人気
人気 優勝数
1 2
2 2
3 1
4 3
10 1
12 1
性齢別上位入賞回数
性齢 入賞数
セ6 1
セ7 1
牡3 2
牡4 5
牡5 5
牡6 4
牡7 2
牡8 1
牝4 2
牝5 5
牝6 2
優勝馬の性齢
性齢 優勝数
セ6 1
牡4 2
牡5 2
牡6 2
牝4 1
牝5 2
騎手別上位入賞回数

※2回以上馬券に絡んだ騎手のみ記載

騎手 入賞数
川田将雅 2
酒井学 2
四位洋文 2
幸英明 2
浜中俊 3
福永祐一 4
最も荒れたCBC賞  2009年払戻し
単勝 12 3,710
複勝 12
17
8
820
320
290
枠連 6 – 8 2,990
馬連 12 – 17 19,820
ワイド 12 – 17
8 – 12
8 – 17
5,210
4,870
1,430
馬単 12 → 17 42,940
三連複 8 – 12 – 17 60,510
三連単 12 → 17 → 8 459,460
最も堅かったCBC賞  2013年払戻し
単勝 14 360
複勝 14
12
4
140
190
170
枠連 7 – 8 790
馬連 12 – 14 980
ワイド 12 – 14
4 – 14
4 – 12
400
420
660
馬単 14 → 12 1,910
三連複 4 – 12 – 14 1,980
三連単 14 → 12 → 4 8,000
過去払戻し一覧
開催年 馬連 馬単 三連複 三連単
2016 11,420円 19,540円 18,140円 136,160円
2015 1,170円 2,400円 2,390円 9,110円
2014 2,670円 5,660円 22,400円 116,100円
2013 980円 1,910円 1,980円 8,000円
2012 3,110円 5,290円 4,520円 27,660円
2011 1,780円 3,020円 27,940円 111,610円
2010 5,290円 10,630円 15,980円 96,400円
2009 19,820円 42,940円 60,510円 459,460円
2008 3,070円 6,080円 42,940円 231,120円
2007 15,580円 32,300円 81,600円 528,230円

CBC賞過去10年から当たる競馬予想

 CBC賞の過去10年の結果から傾向を調査していきます。

まず開催される中京1200mのスプリントコース。このコースでは優勝馬の枠を見てわかるように6枠~8枠の外枠が圧倒的に優勢でした。

すべての枠で複勝馬券に絡んだことはあるものの、危険な枠は過去に3着以内の馬が1度だけ出た【2枠】【5枠】

この2つの枠は目立って馬券に絡みにくい傾向にあるのでこの枠に入る馬には注意しましょう。

次に人気馬の期待値についてですが1番人気の複勝率は40%、勝率は20%と他のレースと比べると少し低めです。

過去10年中、2度10番人気以下の伏兵馬が優勝していることもあるので大穴狙いも可能。

尚、3番人気内の馬が1着になる割合は5割でした。

上位入賞馬の性齢ですがハンデ戦のため、牝馬も活躍しやすいレースになっています。牡牝共に7歳以上の高齢馬の優勝は一度もなかったので6歳までの馬を予想すると当たりやすくなります。

そしてCBC賞で好成績を残しやすいのが福永祐一騎手。2017年のCBC賞ではアルティマブラッドに騎乗予定となりますが能力の高い馬なので予想に入れてみるのもいいでしょう。

以上がCBC賞の傾向となりますが趣味で競馬をやっても楽しめはするものの勝てないもの。そんな人へはプロの予想がオススメです。

趣味ではなく、プロとして競馬予想をしているため的中率も遥かに高くなります。まずは無料予想の3連単をチェックしてみて当たるようであればCBC賞も勝負してもいいと思います。

ブレイン

brain

どうせ競馬をやるなら結果はもちろん勝ちの方がいいですよね。

負けが膨らんできている人などは予想サイトのプロ予想で少しでも回収しましょう。

平場&重賞 今月の回収率ランキング

検証済みの無料予想がとにかく勝てる競馬予想サイトです。
的中率が高くても収支が悪ければ意味がありません。
メールアドレスのみで無料で登録できます。

高配当21
k21 重賞から平場まで幅広く予想し、コツコツと確実にプラスに持っていく。1レースの投資金が低いためローリスクで勝負できるが、買うレースが1・2レースではなく若干多いので面倒くさがり屋には向かない。その分プラスに導いてくれる。新馬のデータを早々に集めたりとデータ部分でも強い。

公式サイトはこちら
ターフビジョン
平場3連複無料予想が毎週送られてくる上にとにかく軸馬が当たりまくる競馬予想サイト。大穴を狙うよりも堅いレースでも賢く稼ぐスタイルのため、特に安定した勝ちを求めたい人にオススメ。無料予想のみでの月間収支もプラスで完結という優良サイト。少額でも勝ちたいならここ。

公式サイトはこちら
的中ファクトリー
特に重賞では毎週のように数十万馬券を的中させている予想サイト。無料・有料予想ともに一攫千金スタイルで一度当たれば大勝ち確定という馬券をガッツリ狙うって当てまくる。競馬初心者にも分かりやすく解説しているので当てるコツを覚えるにもオススメ。

公式サイトはこちら
ハイヴォルテージ
特にG1の的中率・回収率が高く、すべての予想において細かい理論に基いていることが素人目にしてわかる。プロにしかできない予想理論が多いのも特徴。特に3連単にこだわり、数点買い2~3千円投資で250,000円回収などの買い目を無料で教えてくれる。

公式サイトはこちら
競馬劇場
プロの見解付きの無料予想が送られてきたり、細かい追切考察あり。1レースの買い目は1万円前後で安いとは言えないが300%以上回収などの特大払い戻しが目立つ。長く期間運営しているだけあって会員数が多いのか自信満々で強気のキャンペーンなども目立つ。

公式サイトはこちら