荒れるレース   とは?

imobile

11月7日に2歳馬の重賞レースが2つあります。

11月7日     京王杯2歳S    東京    2歳    芝1,400m
11月7日     ファンタジーS    京都    2歳牝    芝1,400m

2歳馬ということで私自身も多少は荒れる競馬を予想しているのですが、
そもそも荒れるレースとはどういった条件が重なると発生するのかを書こうと思いますʕ•ܫ•ʔ


※荒れる=配当がつくレースです。最下位の馬が1着をとった場合、その馬にかけている人は相当な配当金をもらう事が出来ます。これを荒れると言います。逆に人気馬通りに着順すれば荒れたとは言いません。


競馬歴3カ月の私の考えも入っているので間違っていると思われる方も多いと思いますが、そもそも荒れるレースを予想して買う時は

①負け分を一気に取り戻す!今なら追い風が私に吹いてるわ!

②今のタイミングで買えばもしかしたら自分だけ当たるかも!?

③安定しない馬だらけでこれを買えばもしかしたらローリスク・ハイリターンが狙えるかも?

などが買う理由として挙げられると思います。

①と②は典型的なダメな私の事を指しているので、みなさんそうならないよう、いつも通りの競馬予想をするよう心がけましょう。笑
荒れるレースばかり狙っていると負け額が膨らみ、毎日寝ても覚めてもモヤシ生活という地獄が待っていますよ。

さてさて、③の理由ですが大体の方はこれを狙っています。

競馬をやっている人の大半は「競馬素人」なので購入する馬券も人気馬に偏りがちになります。
もしくは好きな数字や誕生日の組み合わせ、好きな馬や騎手を買う人などと、荒れるレース自体に期待していない人がほとんどです。

逆に、荒れるレースだから見送るという人もいます。賢い。。。

ですが私の様に多分荒れるなぁ、では低予算で購入してみよう♪

という人も中にはいるのです。いや、夢を見るために荒れるレースほど買う人が多いのかな?

話は戻り、私が一番思う荒れるレースの条件ですが

【2歳馬レース】

これですね( ,,☼З☼)

もちろん他にも荒れる条件のレースは沢山ありますが、配当なども含め、一番期待しているのが2歳馬レースです。

2歳馬はその若さゆえにまだ走りが安定しなかったり、騎手の指示する通りに走らなかったりします。
更に牝という条件が重なれば更に荒れます。
牝馬はおにゃのこのひ(女の子の日)でホルモンバランスが崩れたり、相当なストレスを抱える事があるので稀に走らない事があります。
もちろん走れば早い馬ですが、馬そのものの体調で走らない時があるのです。
だからと言って牝馬を買うなという訳ではありません、あくまでそういう事もあるというお話です。

今週7日土曜日は荒れるかもしれないレースが2つもあるので思い切って勝負をしてみてはいかがでしょうかヾ(。>﹏<。)ノ゙

平場&重賞 今月の回収率ランキング

検証済みの無料予想がとにかく勝てる競馬予想サイトです。
的中率が高くても収支が悪ければ意味がありません。
メールアドレスのみで無料で登録できます。

高配当21
k21 重賞から平場まで幅広く予想し、コツコツと確実にプラスに持っていく。1レースの投資金が低いためローリスクで勝負できるが、買うレースが1・2レースではなく若干多いので面倒くさがり屋には向かない。その分プラスに導いてくれる。新馬のデータを早々に集めたりとデータ部分でも強い。

公式サイトはこちら
ターフビジョン
平場3連複無料予想が毎週送られてくる上にとにかく軸馬が当たりまくる競馬予想サイト。大穴を狙うよりも堅いレースでも賢く稼ぐスタイルのため、特に安定した勝ちを求めたい人にオススメ。無料予想のみでの月間収支もプラスで完結という優良サイト。少額でも勝ちたいならここ。

公式サイトはこちら
的中ファクトリー
特に重賞では毎週のように数十万馬券を的中させている予想サイト。無料・有料予想ともに一攫千金スタイルで一度当たれば大勝ち確定という馬券をガッツリ狙うって当てまくる。競馬初心者にも分かりやすく解説しているので当てるコツを覚えるにもオススメ。

公式サイトはこちら
ハイヴォルテージ
特にG1の的中率・回収率が高く、すべての予想において細かい理論に基いていることが素人目にしてわかる。プロにしかできない予想理論が多いのも特徴。特に3連単にこだわり、数点買い2~3千円投資で250,000円回収などの買い目を無料で教えてくれる。

公式サイトはこちら
競馬劇場
プロの見解付きの無料予想が送られてきたり、細かい追切考察あり。1レースの買い目は1万円前後で安いとは言えないが300%以上回収などの特大払い戻しが目立つ。長く期間運営しているだけあって会員数が多いのか自信満々で強気のキャンペーンなども目立つ。

公式サイトはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする